\ 家事ストレスなしの暮らしを手に入れる /

自分基準の家事の仕組み「リセッターリスト」

毎日、家事に振り回されていませんか?

仕事を終えて、クタクタに疲れて家に帰ると、
やるべき家事が待っている。

子育てに手一杯で時間がなく、
分かっていても家事はいつも後回し。

心の片隅でいつも、
やらなくちゃいけない家事のこと、
終わっていない家事のことが
モヤモヤと気になってしまう。

日々繰り返される「家事」に対して
苦手意識を持つ方や、
ストレスを感じている方も
多いのではないでしょうか。

例えば、こんな思いをしたことはありませんか?

✓ やりかけの家事や、終わっていない家事が
いつもモヤモヤと気になる

✓ 家事には終わりがなく、
どこまでやればいいのか分からない

✓ いつも家事に追われてばかりで、
自分の時間が取れない

これはまるで、
家事に振り回されているような状態。

毎日繰り返すことだからこそ、
ストレスなく家事と付き合えたらいいな
と、思いませんか。

家事ストレスから自由になるためには

人によって、家によって、
家事の内容はそれぞれ違います。
誰もが自分の「ちょうどいい」基準を持っています。

家事によるストレスから自由になるには、
「誰が見ても家事が行き届いた状態」
を目指すのではなく、

自分がちょうどいいと思える家事を、
無理なく回せる状態

を目指すことが大切です。

「ちょうどいい」と感じる基準が曖昧なままでは、
取り組む家事の内容を
そのつど考える必要があります。

忘れている家事はないかな。
次にやるべき家事は何かな。

頭の中でグルグルと
常にチェックしていなくてはいけません。

家事は同じことを
定期的に繰り返すルーティン作業です。

だからこそ、
思いつきで家事に手をつけるのではなく、

何も考えなくても体が動き、
簡単に家の中をリセットできる仕組みが必要です。

その仕組みは自分の「ちょうどいい」基準に
ピタリと合っていて、
かつ、無理なく続けられることが条件です。

「リセッターリスト」は自分基準の家事の仕組み

どの家事を、どの頻度で実行すれば、
自分が心地いいと感じる状態に戻るのか。

その答えの全てが書かれているのが、
「リセッターリスト」です。

リセッターリストは
「日付・頻度・家事項目」で構成され、
「1週間で1枚」使用します。

リセッターリストの作り方は、とてもシンプル。
まずは普段の家事を書き出して、
それぞれに適切な「頻度」を割り当てます。

パソコンを開き、
エクセル、またはスプレッドシート(Google)で
編集したら完成です。

基本フォーマットをダウンロードして、
家事項目を入力するだけなので、
パソコンが苦手な方にも
簡単な操作だけで作ることができます。

リストの作り方は簡単ですが、
本当に使いやすいリセッターリストを
完成させるためには、

自分のためだけのリストに
仕上げる過程が大切になります。

何度も修正を重ね、
自分だけのリセッターリストを作る。

そのプロセスを通してこそ、
オリジナルの家事の仕組みが完成します。

自分だけの家事の仕組みを作っておくことで、
毎日の家事は驚くほどスムーズに進み、
頭の中がスッキリすることを
実感していただけるはずです。

家事にかける時間は短くなり、
欲しかった自分だけの自由時間も手に入ります。

家事ストレスが軽減され、
自由になる時間が増えるとしたら、

みなさんはどんなことをしてみたいでしょうか?

リセッターリストを取り入れた暮らしの
その先を思い描いて、
自分だけの家事の仕組み作りを始めてみませんか。

みんなのリセッターリスト体験談

K . I . さん(広島県)

家事のことをいったん頭から離すだけで、時間にゆとりを持つことができました。

家族構成:夫、娘(4歳)、息子(1歳)の4人家族

Q. リセッターリストを使う前の家事の悩みを教えてください。
A. 専業主婦なのに、とにかく時間がない!と感じ、できていない家事が気になってしょうがない状態でした。

Q. リセッターリストを取り入れることで、暮らしはどのように変化しましたか?
A. 新生児のお世話で忙しいときも、家事のことをいったん頭から離すだけで少し時間にゆとりを持つことができました。

Q. リセッターリストのメモ欄の活用法を教えてください。
A. 献立と買い物リスト

Q. これからリセッターリストを試してみたい方へ、アドバイスをお願いします。
A. 今現在は元々のリセッターリストはお休みしていますが、リストがなくても考えずに、最小限の家事をできるようになったおかげかなと感じています。リストを作ったり見直したりする度に、暮らしを見つめ直すのにも役立ちました。気軽にスタートしてみるのをおすすめします。

M . H . さん(長野県)

「頭で考える家事」の時間がなくなり、目の前のことに集中できるようになりました。

家族構成: 夫、長男(9歳) 、次男(5歳)の4人家族

Q. リセッターリストを使ってみようと思ったきっかけは何ですか?
A. 新聞の記事を拝見して、リセッターリストを使った家事の効率化に惹かれ、リスト作りのワークショップに参加しました。家を建てて、いつまでも家を大切にしたいと想いから片付け、整理・整頓のことを勉強したかったので。

Q. リセッターリストを取り入れることで、暮らしはどのように変化しましたか?
A. 「頭で考える家事」の時間がなくなり、目の前のことに集中できるようになりました。

Q. 継続してリセッターリストを使い続けるコツを教えてください。
A. 消えない項目にストレスを感じないで、「また別の日にやろう」と気持ちの切り替えをしました。

Q. リセッターリストのメモ欄はどのように活用していますか?
A. 予定を記入したり、メモした付箋を貼ったり しています。

Q. これからリセッターリストを試してみたい方へ、アドバイスをお願いします。
A. あれや、これやと考える時間がなくなると目の前のことに集中できる → 家事の時短につながる → 自分のやりたいことに向き合える時間が出来る → 続けられる自分に自信が持てる、と、とてもいい循環になってきています。

M . S . さん(愛知県)

リストのおかげで、今までよりも家族に協力してもらいやすくなったようです。

家族構成: 夫、16歳と14歳の娘2人の4人家族

Q. リセッターリストを使ってみて、一番の大きな変化は何ですか?
A. 今まで、お手伝いでしてくれているから・・・と、どこまでやって欲しいとかは言えずにいましたが、リストを見れば、どこまでやってくれているのかもわかるし、家族も何をしたらいいのかがわかるので、その時々の状況に合わせて、やれる人がやれることをやってくれるようになりました。リストのおかげで、今までよりも協力してもらいやすくなったようです。

Q. リセッターリストのお気に入りのカスタマイズ方法は?
A. 毎日することではない家事は、やったのか、やってないのかも記憶に残りづらく、前回はいつやったのかもわからなくなってしまうので、リストを見れば、どんな状況なのかがわかるようにしてみました。

Q. リセッターリストの空欄の活用法を教えてください。
A. 子供達の毎日の予定を把握しきれなくなってきたので、家族それぞれの予定(お弁当がいる・いらないなど)を書き込んでもらっています。あとは、献立を書いたりしています。

Q. これからリセッターリストを試してみたい方へアドバイスをお願いします。
A. 作っている最中は、結構大変なこともありますが、覚悟を決めて、家族を巻き込んで作ると、その時は大変でも、あとの毎日が、ラクになります!

リセッターリストを学ぶには

リセッターリストを作った先には、
「家事ストレスなしの暮らしを手に入れる」
というゴールがあります。

ただリセッターリストを作っただけでは、
残念ながら家事ストレスから
自由になることはできません。

リセッターリストはあくまでも、
ストレスフリーの家事習慣を
身につけるための「ツール」であり、
リストの完成は「通過点」。

リセッターリストを作った後は、
上手にリストを使いこなせるようになり、

完全に、家事ストレスから解放されてほしい
と願っています。

現在、

「ストレスフリーの家事習慣 60日プログラム」

として、

リセッターリストを取り入れたレッスンを
ご用意しています。

オンライン講座と、個人レッスンの
2つの方法で学ぶことができます。

自分の基準を大切にした、
自分だけの家事の仕組みを
リセッターリストに落とし込み、

リストを使いこなせるまでを
しっかりとサポートします。

60日後にはきっと、
家事ストレスなしの暮らしと、
自由な時間を手にできるはずです。

オンライン講座で学ぶ

60日間の
「ストレスフリーの家事習慣 オンライン講座」は、

● 全39ページの「テキストブック」
● 回数無制限「個別メールサポート」
● 毎週お届けする「フォローメール」

この3つのプログラムで構成しています。

前半の30日間で
オリジナルのリストを作り上げ、

後半の30日間で
暮らしの中に定着させることを目指します。

いつでも、どこでも、自分のペースで学べるのが、
オンライン講座の良いところです。

フォローメールで
ペースを確認しながら進めることもでき、

テキストブックを読んでも
分からないところがあれば、
いつでも個別メールサポートで相談もできます。

「自分の基準」を大切にしたリセッターリストを、
一緒に作っていきましょう。

個人レッスンで学ぶ

60日間の
「ストレスフリーの家事習慣 個人レッスン」は、

全6回の「対面レッスン」
(60分×3回、30分×3回)

を取り入れて、
リセッターリストを作るところから
使いこなせるようになるまでを、
1対1でサポートします。

まずは目指すべきゴール、
家事の悩みをヒアリングし、
「自分の基準」に合う家事の仕組みを
一緒に作ります。

難しく感じる箇所をその都度フォローし、
ずっと使い続けられる仕組みへと
ブラッシュアップします。

オンラインで受講される場合は
「Zoom」を使用しての対面レッスン、

直接受講される場合は
長野県松本市内での
対面レッスンとなります。

一人では挫折してしまいそうでも、
定期的に顔を合わせながら、
その都度アドバイスを受け取ることで、

小さなつまづきが、大きくなる前に、
次へ進むことができます。

「自分の基準」を大切にしたリセッターリストを、
一緒に作っていきましょう。