\ 家事ストレスなしの暮らしを手に入れる /

ラクに進む家事の仕組み「リセッターリスト」

毎日、家事に振り回されていませんか?

 

仕事を終えて、クタクタに疲れて家に帰ると、やるべき家事が待っている。
子育てに手一杯で時間がなく、分かっていても家事はいつも後回し。

心の片隅でいつも、やらなくちゃいけない家事のこと、
終わっていない家事のことがモヤモヤと気になってしまう。

日々繰り返される「家事」に対して苦手意識を持つ方や、
ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。

例えば、こんな思いをしたことはありませんか?

✓ やりかけの家事や、終わっていない家事がいつもモヤモヤと気になる
✓ 家事には終わりがなく、どこまでやればいいのか分からない
✓ いつも家事に追われてばかりで、自分の時間が取れない

これはまるで、家事に振り回されているような状態。
毎日繰り返すことだからこそ、
ストレスなく家事と付き合えたらいいなと、思いませんか。

 

家事ストレスから自由になるためには

 

人によって、家によって、家事の内容はそれぞれ違います。
誰もが自分の「ちょうどいい」基準を持っています。

家事によるストレスから自由になるには、
「誰が見ても家事が行き届いた状態」を目指すのではなく、

自分がちょうどいいと思える家事を、無理なく回せる状態

を目指すことが大切です。

「ちょうどいい」と感じる基準が曖昧なままでは、
取り組む家事の内容をそのつど考える必要があります。

忘れている家事はないかな。次にやるべき家事は何かな。
頭の中でグルグルと常にチェックしていなくてはいけません。

家事は同じことを定期的に繰り返すルーティン作業です。
だからこそ、思いつきで家事に手をつけるのではなく、
何も考えなくても体が動き、
簡単に家の中をリセットできる仕組みが必要です。

その仕組みは自分の「ちょうどいい」基準にピタリと合っていて、
かつ、無理なく続けられることが条件です。

 

「リセッターリスト」は自分基準の家事の仕組み

 

どの家事を、どの頻度で実行すれば、自分が心地いいと感じる状態に戻るのか。
その答えの全てが書かれているのが、「リセッターリスト」です。

リセッターリストは
1)日付・頻度・家事項目」で構成されている
2)「1週間で1枚」使用する

リセッターリストの作り方は、とてもシンプル。
まずは普段の家事を書き出して、それぞれに適切な「頻度」を割り当てます。
パソコンを開き、エクセル、
またはスプレッドシート(Google)で編集したら完成です。

基本フォーマットをダウンロードして、家事項目を入力するだけなので、
パソコンが苦手な方にも簡単な操作だけで作ることができます。

リストの作り方は簡単ですが、
本当に使いやすいリセッターリストを完成させるためには、

自分のためだけのリストに仕上げる過程が大切になります。

何度も修正を重ね、自分だけのリセッターリストを作る。
そのプロセスを通してこそ、オリジナルの家事の仕組みが完成します。

自分だけの家事の仕組みを作っておくことで、毎日の家事は驚くほどスムーズに進み、
頭の中がスッキリすることを実感していただけるはずです。

家事にかける時間は短くなり、欲しかった自分だけの自由時間も手に入ります。

家事ストレスが軽減され、自由になる時間が増えるとしたら、
みなさんはどんなことをしてみたいでしょうか?

リセッターリストを取り入れた暮らしのその先を思い描いて、
自分だけの家事の仕組み作りを始めてみませんか。