『タリーと私の秘密の時間』

https://eiga.com/movie/89157/gallery/

こんにちは。
リセッターリストの山本香織です。(詳しいプロフィールはこちら →

どのシーンも気持ちが分かりすぎて、胸がいっぱいになった映画、
『タリーと私の秘密の時間』を観ました。
http://tully.jp

これ、夏の旅行の時に飛行機の中で観た映画ですが、
最初から最後まで、ほぼずっーと、涙ぐんでしまいました。

子育て中のママの気持ちが怖いくらいリアルに描かれていて。
120秒の予告動画だけでも、胸に迫るものがあります。

仕事、家事、育児に疲れた3人の子どもを持つママが、
謎のベビーシッターとの出会いを通して、
自分自身と向き合い、本来の自分を取り戻していくお話。

3人目を出産した直後からの母親の描写は本当にリアル。

私も初めての赤ちゃんのお世話で、毎日が分からないことの連続だったり、
睡眠不足が心底つらかったことなど、

忘れかけていた当時の思いがいろいろ胸に迫ってきて、
最初から最後のシーンまで、感情が揺さぶられ続けました。

役作りのため、20キロ近く増量したシャーリーズ・セロンも、
イマドキ女子のベビーシッターを演じるマッケンジー・デイヴィスも、
とても魅力的ですっかり引き込まれました。
監督は『JUNO』のジェイソン・ライトマン。

観終わったあと、感じることは人それぞれ違うと思うけど、
母となった女性が自分の人生と向き合う、
ひとつのきっかけになる良い映画です。

私はラストシーンも好きだったし、
当たり前の毎日に、感謝したくなるような
そんな気持ちになりました。

タリーと私の秘密の時間
http://tully.jp

関連記事

  1. 「溜まっている家事が減りました!」受講生さんの声

  2. 忙し過ぎて家事まで手が回らない…そんな時は

  3. ラクなだけじゃなかった!食洗機のある生活

  4. 家事ストレスを溜めないチャレンジ

  5. 「家事の定休日」プロジェクト

  6. 食洗機導入で増えた家事、減った家事

最近の記事 おすすめ記事