「家事の定休日」継続中

photo by 写真AC

今日は週明け、月曜日。

みなさんはどんな週末を過ごされましたか?
我が家は比較的、のんびりした週末を過ごしました。

週末と言えば、我が家では毎週日曜日、
「家事の定休日」を実施中です。

私の考える「家事の定休日」とは、

旅先や帰省時のように、
自宅の家事から離れることでリフレッシュできる気分を、
日常生活の中にも定期的に組み込んでしまおう、
というのが「家事の定休日」の考え方です。

春休みに帰省した時、
実家でのんびり過ごす中で思いつきました。

「家事の定休日」を思いついて、もう2ヶ月くらいが経ち、
日曜日は何度か巡ってきました。

最初は家族に宣言して、皆に協力してもらおう!
と、意気込んでいたのですが、

実際には、私が1日くらい掃除や洗濯をしないからと言って
特に、誰も困らない、ということが分かりました。

なのにどうして、これまで日曜日も平日と同じように
家事をやらなくちゃと思っていたのか、今となっては不思議です。
思い込みの力って、すごいですね。

そんなわけで、我が家では、
私が心の中で「家事の定休日」を実施中です。

私は普段の家事をリセッターリストで管理しているのですが、
最近は日曜日の家事をほぼ空白にしています。

料理好きな夫がいる日曜日だと、お皿を洗うくらいしか家事がなく、
かなりリラックスして一日を過ごすことができます。

そんな夫は仕事の関係で、自宅に戻れるのは月の半分くらい。
娘と二人きりの日曜日もあります。そんな時こそ「家事の定休日」。

掃除・洗濯は一切なし。
簡単にできるレシピや、娘と一緒に作れる料理を楽しみながら、
娘と思い切り遊ぶ日曜日を過ごすことにしています。

娘はママとたくさん遊べて嬉しい。私も家事から自由になれて嬉しい。

旅先や帰省時に感じるような、家事から解放されるあの感覚を
定期的に、それも毎週、味わうことができるなんて、
考えるだけでもワクワクしませんか?

本当に気がラクになるのでオススメします!

「家事の定休日」に興味のある方は、

・家事の定休日を設定する
・やらないと困る家事を書き出す

この2つのワークを是非、やってみてください。

週に1回、最低限の家事だけで済ませる日を決めておくことで、
家事ストレスがぐんと下がりますよ♩

関連記事

  1. ワンオペ育児中の家事は「細切れ時間」の活用で解決

  2. ランニングから学んだ、家事にも使える習慣化のコツ

  3. SBC信越放送「ずくだせテレビ」出演

  4. 食洗機導入を迷う方に知ってほしい、3つのメリット

  5. 『タリーと私の秘密の時間』

  6. リセッターリスト体験講座@長野県伊那市

最近の記事 おすすめ記事