「家事の定休日」プロジェクト

photo by pixabay

娘の春休みに付き合って、実家のある大阪に帰省しています。

毎回のことですが、私は実家で過ごしていると、
松本で生活している時とは違って、すごく長く眠ってしまいます。

松本では6〜7時間睡眠を確保しているので、普段から十分寝ているのですが、
実家にいると娘と同じくらい8〜9時間くらい、平気で眠ってしまうのです。
そんな経験はありませんか?

日頃の疲れが溜まっているとか、実家だとリラックスできるとか、
いろいろ理由はあると思うのですが、
ひとつは「家事から解放されているから」が大きな理由かもと思い当たりました。

自宅にいると、家事を取り仕切っているのは私。
だけど実家にいると、家事を取り仕切っているのは私の母です。

私も家事を手伝いますが、サポート役止まり。
自分が家事のリーダーである、という役割がないだけで、
無意識に感じていたプレッシャーから解放されているのかなという気がします。

同じような効果は、旅にもあります。
仕事を忘れて、完全にプライベートな時間を旅先で楽しめるからよく眠れる、
というのもあるかもしれませんが、

やはり、自宅の生活空間を目にしないこと、物理的に離れていることによる「家事プレッシャー」からの解放、
という一面もあるのではないかと思います。

家事から離れることで、よく眠ることができ、心身ともにリフレッシュできるのであれば、
旅や帰省に頼らずとも、自分で「家事の定休日」を作ってしまえばいい、と思いつきました。

私はいつも、日曜日は家事を少なめに設定していますが(いつもの家事はリセッターリストで管理しています)、
もっともっと、少なくしてもいいのかもしれない。

料理だって最低限の準備と片付けで、美味しく楽しく食べられるスタイルを定番化してもいい。
やれることはいろいろありそうです。

「家事の休日」ではなく、「家事の定休日」。毎週、ちゃんと家事お休みの日がある。
書きながらとてもワクワクしてきました!

「家事の定休日プロジェクト」、我が家に取り入れていきたいと思います♩

関連記事

  1. 整理されて棚に収まっていても、本当は要らないモノもたくさんある。

  2. 家事も朝ランも筋トレも「やる気」に頼らず、まず動くことから。

  3. 家事ストレスを溜めないチャレンジ

  4. ランニングから学んだ、家事にも使える習慣化のコツ

  5. Podcast(ポッドキャスト)も家事時間のお供にオススメ!

  6. 食洗機導入を迷う方に知ってほしい、3つのメリット

最近の記事 おすすめ記事