『インクレディブル・ファミリー』

https://eiga.com/movie/85219/gallery/4/

少し前の話になりますが、夏休みの最後の日、
『インクレディブル・ファミリー』を娘と一緒に観てきました。

テーマとしては、仕事と家庭(家事・育児)の両立。
というと、普通は女性の立場から描かれるものが多いかと思いますが、
この映画では、男性の視点で描かれています。

ある事件をきっかけに、今までママ任せにしていた家事・育児を
パパが担当することになります。

仕事で大活躍する妻を、素直に応援することができない夫。
良いパパになろうと頑張るものの、空回り。
頑張れば頑張るほど、子ども達との関係もギクシャクしてしまい。

他人から指摘されるまで、助けを必要としていることにすら、
睡眠不足と疲労で、気づく余裕がない状況…。

前回のブログでご紹介した映画『タリーと私の秘密の時間』とは、
また別のアングルから「家庭」と「育児」が描かれていました。

仕事と家庭の両立に悩むのは、どちらも同じ。
実際に立場を入れ替えてみて初めて、気づく気持ちがあるのかな、と感じました。

エンターテイメントとしても申し分なく楽しめる映画です。
まだ上映しているところもあると思うので、機会があれば、観てみてくださいね。

インクレディブル・ファミリー
https://www.disney.co.jp/movie/incredible-family.html

関連記事

  1. 「家事の定休日」継続中

  2. ワンオペ育児中の家事は「細切れ時間」の活用で解決

  3. もしも自分時間が手に入ったら

  4. 食洗機、やっぱり欲しい!と思った理由

  5. 在宅ワーカーが抱える「家事ストレス」

  6. 食洗機…その後の意外な展開

最近の記事 おすすめ記事