忙し過ぎて家事まで手が回らない…そんな時は

photo by pixabay

もうすっかり秋も深まってきましたね。
私は9月からつい先週まで、大忙しの1ヶ月を過ごしていました。

いくつか重なっていた主催イベントの準備に加え、
イラストの仕事も締め切りが重なり、リセッターリストのレッスン、
そして小学校のPTA仕事など、全てが集中していたので、
久しぶりに「睡眠時間を削る」という最悪の選択をするしか
時間を確保できない日々を過ごしてきました。

「仕事で忙しい時には、リセッターリストはお休みして下さい」
そのように、レッスンでもお伝えしています。

という訳で、私もこの1ヶ月近く、リセッターリストをお休みしていました。
1〜2週間お休みすることはあっても、
1ヶ月も休んだのは、実は初めての経験でした。
その中で改めて、自分が苦手な家事がよく分かりました。

また先週からリセッターリストを使い始めていますが、
自分で決めた家事の分量を、キチンとこなしていくことで
家の中も自分なりのレベルで整っていくのを実感しています。

どんなことでも、「決めたことがちゃんとできている」という感覚は、
子どもだけではなく、大人にも大切で、
自分をポジティブに捉えることに繋がりますよね。

リセッターリストなら、家事とリンクしていることで、
清々しさを日々の中で感じることにも繋がり、
これはリストをお休みしている時には欠けていた気持ちです。

もちろん、あの仕事の忙しさの中では
リセッターリストをこなす余裕もない緊急事態だったので
それはそれで、お休みに意味はあったと感じます。

リセッターリストとの付き合い方は人それぞれ。
慣れてきたら手放すのもよし、
私のように、使い続けるのもよし。

リセッターリストは、自分の「家事量」を見つける手段であり、
「習慣化」するための手段です。そしてまた、

・家事がストレスに繋がってるな…
・家事に追われてばかりでモヤモヤするな…

という気持ちが湧いてきた時に、
一度作ったリセッターリストをプリントアウトして、
また始めたら良いのです。

どのように付き合っていくとしても、
まずは「自分に合うリセッターリスト」を完成させることから。
それさえあれば、どんな時も焦ることなく、
家事と向き合うことができますよ。

関連記事

  1. 片付かない子ども部屋が、片付く仕組み(3)

  2. 2019年「新しい自分」応援!プレゼント企画

  3. 「家事の定休日」に向けて準備スタート!

  4. ラクなだけじゃなかった!食洗機のある生活

  5. もしも自分時間が手に入ったら

  6. 初めての「家事の定休日」

最近の記事 おすすめ記事