ランニングから学んだ、家事にも使える習慣化のコツ

こんにちは。
リセッターリストの山本香織です。(詳しいプロフィールはこちら →

家事とは直接関係のないようで、だけど家事の習慣化にも繋がるランニングについてのお話。
また改めてその経緯を書きたいと思いますが、「朝ラン」は、私の趣味のひとつになっています。

走り始めて2年半。最初は3分と走り続けられなかった私ですが、
徐々に距離を伸ばし、5キロ走れるようになりました。

でもふとこの夏、「10キロ走れるようになりたい!」と思い立ち、
10キロ達成を2018年内の目標に掲げていました。

2ヶ月くらいのスパンで達成する計画だったのですが、
思いの外スムーズに進み、結果、予定の半分、1ヶ月で10キロ達成できたのです。

それは「ある日、突然できちゃった!」とかではなくて、
キチンと計画を立て、それを守り、実行したことの結果でした。

そう書くと、「意志の強い人だから達成できたに違いない」と思ってしまいませんか?
でもそんなことはないのです。

大好きなランニングとはいえ、やっぱり朝になると、
寒いなぁ、風強いなぁ、行きたくないなぁ、面倒だなぁ、家にいたいなぁ…と、
サボる理由を探し始めてしまうこと、実はいーっぱいあります。

だけど、そこで走ることをサボってしまうと、
間隔が空き過ぎてしまい、次に走る時、余計苦しくなるんです。

せっかく頑張って積み上げた、走れるようになった距離も、
同じ感覚では走れなくなってしまう。元の走れない自分に戻ってしまう。

身体がその感覚を忘れてしまう前に、同じことを、
さらには少し負荷をかけて身体に教え込まないと、その次へは行けないんですね。

だから目標を達成したければ、サボらない工夫が必要になります。
習慣化してしまうための工夫、もっと言うなら、自分を騙す工夫みたいなものです。

私が10キロ達成までの間に気をつけていたことは、

・きっかけの設定
・記録をつける

この2つです。

自分で立てた計画とはいえ、意志力にだけ頼って行動するのは、なかなか難しいのが現実です。
だから私は、娘が登校するタイミングと同時に家を出て走ることにしました。
彼女の登校という行動を「きっかけ」に設定したのです。

そうすると、自分の「やるぞ!」という意志だけに頼ることなく、自然と走りに行くことができました。
自分の意志力だけに頼ると、挫折率がグンと上がる気がします。

もう一つは、記録をつけること。
自分のタイムやペースの記録も兼ねて、アプリを使い(私はNike Run Clubを愛用)、
インスタグラムにハッシュタグを付けてアップしていました(今も走ると更新します)。

https://www.instagram.com/explore/tags/kaorirun/

記録を一覧で見ることができると、「続けてる私、エラい!」と自分を肯定できるし(意外と大事)、
更に、応援してくださる方もいたりして、モチベーションUPに繋がります。

こういった工夫で、毎回「やる気」に頼らずに習慣化するための仕組みを作り、
10キロ走る!という目標を達成することができました。

これはリセッターリストの家事の仕組み作りにも応用できることです。

・きっかけの設定(家事時間を決める。何かと紐付けることが大事。)
・記録をつける(ハッシュタグを付けてSNS発信。もちろん日記やメモでも。)

肩に力を入れすぎると、長続きしません。
そのために仕組みを工夫して、がんばる自分を褒めつつ、進めていきましょう。
肩に力を入れなくてもできる仕組みを作ることが、習慣化のコツです。

「ストレスフリーの家事習慣」についてのヒントをお届けする、
無料メールマガジンも書いてます♩

▼ ストレスフリーの家事習慣 メールマガジン
http://www.resetterlist.com/mail

関連記事

  1. 片付かない子ども部屋が、片付く仕組み(2)

  2. 手軽なお弁当も恋しい

  3. 「溜まっている家事が減りました!」受講生さんの声

  4. 『インクレディブル・ファミリー』

  5. 食洗機、やっぱり欲しい!と思った理由

  6. 「家事の定休日」プロジェクト

最近の記事 おすすめ記事