\ リセッターリストで身につける /

ストレスフリーの家事習慣 メールマガジン

春の新生活 応援キャンペーン

メールマガジンをご登録いただいた方全員に「リセッターリスト」スタートキットを特別プレゼント!

家事に関するこんなストレス、ありませんか?

 
✓ 子育てで毎日が忙しく、家事まで手が回らなくてイライラしてしまう。
✓ 共働きで、帰宅が夜遅い。平日に溜めた家事で週末がつぶれてしまう。
✓ もうすぐ出産。産後、育児と家事の両立ができるのか心配。
✓ 親の介護に時間を取られ、常に家事に追われているように感じる。
✓ 現在、育児休暇中だけどもうすぐ復職予定。復帰後、家事をこなせるのか不安。
やり残している家事のことが頭から離れず、いつもモヤモヤしている。

 

「行き当たりばったり家事」が、ストレスに繋がる。

 

家事ストレスを抱えてしまう理由は、一体何だと思いますか?
「時間が足りないから」と答える方が多いのですが、
正解は「行き当たりばったりで家事を進めているから」です。

ほとんどの方が、家事を「行き当たりばったり」で進めています。
その日の、その時の「思いつき」で家事に取りかかる。

掃除機をかけながら、「バスマット、そろそろ洗濯した方がいいかもしれない」
お皿を洗いながら、「最近全然シーツ洗ってないな。でも雨降りそうだな…どうしよう」
洗濯物を干しながら、「洗剤のストックが切れそう。買い物リストに追加しなきゃ」

ある家事をやりながら、頭の中では別の家事が気になり始め、
目の前の家事が終わったら、さっき気になった家事に取りかかる。
するとまた、別の家事が気になって、取りかかる、気になって、取りかかる…

という流れで、家事を進めていること、ありませんか?

「行き当たりばったり」で家事に取り組むと、
頭の中でイメージしていたよりも「家事に時間がかかった」という印象が残ります。

また、「やらなきゃいけないと思っているのに、やれてない家事」にばかり
気持ちがフォーカスされてしまいます。

その結果、「時間がなくて家事が進まない」「やってもやっても、家事が終わらない」。
そう思い込んでしまい、ストレスに繋がってしまうのです。

解決策は、「自分基準の家事の仕組み」

 

その時々の「思いつき」で家事を進めることは、家事ストレスに繋がってしまいます。
でも、よく思い返してみてください。「行き当たりばったり」で家事を行っているとは言え、
だいたい、同じペースで、同じことを繰り返しているとは思いませんか?

そう、家事について、しっかりと向き合った経験がないだけで、
実はもうすでに、自分の中に「家事のパターン」が出来上がっているのです。

その家事を一度、頭の中から外に出して「見える化」してみる。
そして、毎日の生活リズムに合わせて家事を「パターン化」し、組み込む。
その時に忘れてはいけないのが、「自分の基準」を大切にすることです。

そうすれば、思いつきで家事を進めることはなくなり、
家事に予想以上の時間がかかったような印象を持つことはなくなります。
頭の中は空っぽにして手だけ動かせば、家事は進み、終わるのです。

この「自分基準の家事の仕組み」こそが、家事ストレス解消への答えであり、
「自分基準の家事の仕組み」を作るための重要なツールが「リセッターリスト」です。

リセッターリストを活用することにより、
ストレスフリーの家事習慣が、自然と身につくようになります。

 

リセッターリストの山本香織です。

私は現在、フリーランスでイラストレーターとして仕事をしながら、
家事に悩む方々をサポートする活動をしています。

家事と育児と仕事の両立に悩んだ経験から、
家事を効率的に進める家事リスト「リセッターリスト」を考案。

2014年、WEBを立ち上げ、グループ講座を開き、
「リセッターリスト」の作り方を伝える活動を始めました。

2017年からは、長野県松本市男女共同参画プロジェクトの一環として、
家事の負担を軽くし、生活をより豊かに過ごす方法を学んで頂くため、
「リセッターリスト」の作り方を教える講座も担当しています。

また、2018年からは、メールやZoom(ビデオ会議ソフト)を使い、
どこからでも学ぶことのできるオンライン講座で
家事に困る方々をサポートしています。

実際に講座を受け、リセッターリストを作り、
「ストレスフリーの家事習慣」を身につけた受講生さんからは、

以前と比べて、家事に追われているような感覚がなくなりました。

家でイライラすることが減って、子どもと遊ぶ時間が増えました。

資格取得のための勉強時間が、やっと取れるようになりました!

家事ができている自分を褒められるようになりました。

育休明けの仕事復帰に向けて、家事との両立に自信がつきました!

などのご感想を頂いています。

家事で困っている方に「リセッターリスト」の作り方、使い方をお伝えし、
一人でも多くの方に「ストレスフリーの家事習慣」を身につけてもらいたい。
そして、毎日の生活の中から家事ストレスを減らして頂きたいと思っています。

家事について自由に話せるコミュニティ

 

このメールマガジンでは、家事ストレスを解消するためのヒントをお届けしますが、
読者さんと積極的なコミュニケーションを取りながら、
家事について自由に話せる場作りも目指しています。

家事については一人きりで取り組むことが多く、「どうして私ばっかり…」と、
気持ちをどんどん内側へと閉じ込めてしまいがちです。

ちょっとした家事についての「つぶやき」程度でも、
気軽に話せる場があることで、ココロはとても軽くなりますので、
読者の皆さんとやり取りができれば嬉しいです。

また、リセッターリストの作り方や使い方についての質問も募集しています。
メルマガで質問を取り上げ、私の回答を読者さんとシェアします。

家事について話せたり、誰かに聞けたりする機会は意外と少ないもの。
あなたの質問は、必ず他の読者さんの役に立ちます。

山本香織が使っているリセッターリストの振り返りや、
家事や習慣についての気付きなども、いち早くシェアします。

他にも、家事や習慣化に関するオススメの本や映画をご紹介したり、
新規講座の優先予約、新サービスを先行してご案内、
オフラインでのイベントへご招待することもあります。

暮らしにまつわる情報ツールのひとつとして、
山本香織のメールマガジンへのご登録、お待ちしています。

春の新生活応援!メルマガご登録で特別プレゼント

1 )リセッターリスト・基本フォーマット

これまで講座に参加して頂いた方だけにお配りしてきた「リセッターリスト・基本フォーマット」。メルマガにご登録頂いた方へ、無料プレゼントさせて頂くことにしました。是非、「家事の見える化」にチャレンジしてみてくださいね。
※ リセッターリストは、パソコンで作ることを前提にデザインされています。「リセッターリスト 基本フォーマット」は、エクセル、またはスプレッドシート(Google)で編集してご利用いただきます。

2 )リセッターリスト・ガイドブック

リセッターリストの作り方をコンパクトにまとめた「ガイドブック」をご用意しました。この「ガイドブック」に沿って普段の家事を書き出し、「基本フォーマット」に落とし込めば、リセッターリストのある暮らしを今すぐ始めることができます。トライ&エラーを繰り返すことで、自分基準の家事の仕組みが出来上がります。

メッセージ

 

2012年、当時3歳だった娘の子育てをしていた私は「家事」「育児」「仕事」の両立に悩み、
家事によるストレスを抱えた日々を過ごしていました。

追いつかない家事の山を横目で見ながら、些細なことにイライラしてしまう毎日…。

本当はもっと、仕事に集中したいのに、できない。
家事もちゃんと終わらせたいのに、できない。
余裕を持って子どもと関わりたいのに、できない。

ある日、家事、育児、仕事の両立に困り果てた私は、
この状況は待っていても何も変わらないことに気づきました。

もう自分で何とかするしかないと一念発起。
家事、育児、仕事の中で、唯一コントロールの効きそうな「家事」から
まずは変えようと決心しました。

失敗に次ぐ失敗を重ね、試行錯誤の末、
「自分基準の家事リスト」が必要であることに辿り着きました。

「自分基準の家事リスト」を使うようになってから、
ついに、抱えていた家事ストレスとサヨナラすることができました!

すると、こんなことが起きました。

「家事」は短時間で終わるようになり、
「育児」にじっくり向き合う余裕ができ、
「仕事」にも集中できるようになり、
「自由な時間」と「心のゆとり」が手に入りました。

「家事」だけを改善したのに、
「家事」「育児」「仕事」の悩みが一気に解決し、
「自由な時間」と「心のゆとり」という嬉しいオマケまで付いてきました。

たかが家事、されど家事。
家事を改善することで、絡まった糸がほぐれる可能性があります。

まずは目の前の「家事」から、一緒に見直してみませんか。
あなたのご参加を、メルマガ読者さんと共にお待ちしています。

リセッターリスト 代表
山本香織