P R O F I L E

山本 香織(やまもと・かおり)

1976年生まれ。大阪出身。イラストレーター。リセッターリスト代表。

米国カリフォルニア州サンタモニカカレッジ・グラフィックデザイン科卒業後、大阪、東京でデザイナーとして広告制作会社に勤務。その後、結婚を機に中東シリアへ渡り、フリーのイラストレーターとして活動を開始。シリアで3年の暮らしを経て、2012年、一目惚れした松本市へ拠点を移す。一児の母。

仕事、育児、家事の両立に悩み、試行錯誤し、家事ストレスのない暮らしを手に入れる「リセッターリスト」を考案。家事に困る方々のサポートをするため、2014年から「リセッターリスト」を広める活動をスタート。

現在、イラストレーターとして活動しながら、リセッターリストの代表として、ストレスフリーの家事習慣を身につけるためのプログラムを開発し、受講生の家事問題解決サポートを行っている。

山本香織 イラスト作品サイト
www.kaori-yamamoto.com

Glolea! 山本香織インタビュー記事
www.glolea.com/mama/kaori-yamamoto.html

\ フォロー大歓迎です♩/
▷ Instagram instagram.com/kaorixyamamoto/
▷ Facebook facebook.com/kaorixyamamoto
▷ Twitter twitter.com/ResetterList

はじめまして、山本香織です。

私は現在、フリーランスのイラストレーターとして活動しています。広告やパッケージ、ショップのロゴなどのイラストレーションを描くのが私の仕事です。私のイラストを、どこかで見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。同時に、小学生の娘を持つママでもあります。

私の仕事時間は、娘が学校にいる間。そう長くはない時間ですが、集中して一気に仕事を進められるのは、朝にまとめて家事を済ませ、必要以上に家のことを気にしなくていい心の状態を保っているからです。

今でこそ、家事ストレスのない毎日を送る私ですが、以前は「家事」と「育児」と「仕事」が両立できず、時間のやりくりに悩む日々を送っていました。

当時3歳の娘はまだまだ手がかかり、イラストの仕事には波があり、なぜか締切は重なりがち。元々、家事は苦手な方なので、どうしても家事が後回しになり、追いつかない家事にストレスを感じていました。

家事と育児と仕事。ある日、この3つのうち、唯一自分のコントロールが効くのは「家事」だと気がつきます。そこから様々な家事の情報を本やネットから集めて試したものの、どれも続きませんでした。家事は苦手だけれど、整った家で暮らしたい。でもしっかり家事をやる時間があるなら、仕事時間を優先したい。そんな欲張りな私に合う家事の情報には、出会うことができませんでした。

家事は苦手。時間もない。でも整った家で暮らしたい。

こうなったら、苦手な家事を短時間でこなせる仕組みを作るしかない!「自分の基準」に合う、無理せず続けられる家事リストを作ってしまおう!と、オリジナルでリストを作り始めました。ストレスが溜まらない「等身大のリスト」を心がけ、実際に使いながら内容の修正を繰り返すことで、自分だけの「世界に一つの家事リスト」が仕上がりました。

このリストで家事を管理するようになってから、「やり残した家事」が減るのと同時に「できた家事」に気がつくようになり、清々しい気持ちで1日を終えられるようになりました。娘が部屋を散らかし放題で遊んだり、仕事が忙しくて家事が追いつかないことがあっても、「リストに沿って家事をすれば、元通りにリセットできる(戻せる)」と分かっているから、イライラしたり、焦ることもなくなりました。自分だけの自由時間も積極的に確保して、朝ランや読書を楽しむ「時間の余裕」と「心の余裕」が生まれました。

自分自身が本当にラクになった経験から、当時の私と同じように家事ストレスを感じたり、家事で困っている方へ、この家事リストをお届けしたい!という思いが強くなり、2014年、このリストを「家をリセットしてくれるリスト」という意味を込めて「リセッターリスト」と名付け、WEBサイトをオープン。講座も開くようになりました。

ですが、講座だけで「リセッターリスト」についてお伝えするには、場所も人数も限られてしまいます。その上、家事に困っている方の大半は、時間がなくて忙しい。講座を開いても、受講することが叶わないケースも多いのです。一番届けたい人に、届けられない。そのジレンマから、「いつでも、どこでも、自分のペースで学べる」オンライン講座をスタートすることに決めました。

このオンライン講座は、作ったリストを実際の暮らしの中で使いこなすところまでをサポートする、60日のプログラムになっています。全てを一人で進めるのは難しいかもしれませんが、私が個別に対応し、フォローしていきます。

家事を理由にやりたいことを諦めている人を減らしたい。「学び」「楽しむ」時間を確保できる人を増やしたい。そのために「リセッターリスト」を役立ててほしいと願って、イラストレーションの仕事と並行して、この活動を続けています。