ワンオペ育児中の家事は「細切れ時間」の活用で解決

こんにちは。
リセッターリストの山本香織です。

「ワンオペ育児」、という言葉もずいぶん浸透しましたが、
私にもそれに近い時期があったなぁ、と、思い出していました。

当時、娘は2歳(写真は当時の娘)。
もう赤ちゃんではなかったけれど、
まだまだ「育児」という言葉がピッタリなお年頃です。

ちょうどその頃、暮らしの拠点を松本に移しました。

私は松本にベースを置いて仕事、夫は松本と東京を往復する仕事。
娘と私が二人で過ごす時間が増え、新しいライフスタイルが始まりました。

それまで夫に頼り切って家事、育児、仕事をしてきた私は、
夫が半分いない生活が始まったことで、
とても恵まれた環境に自分がいたことに初めて気がつきました。

家事と育児を一人でこなし、そして仕事もやるということは、
想像以上に大変なことでした。

何でも自分でやりたがり、全てに時間がかかる2歳〜3歳児。
そんな娘の相手をしながらの、仕事。そして追いつかない家事の山…。

家事ストレス解消のため、本やネットから情報を集め、
あれこれ試してみるものの失敗続き。

試行錯誤の末、リセッターリストにたどり着き、
家事と育児と仕事のバランスが、劇的に改善されました。

当時の私にとっては、リセッターリストのおかげで
「細切れ時間をフル活用できたこと」が、一番のメリットでした。

赤ちゃん〜未就学児の育児は、
とにかく時間が読めないことの連続です。

公園からの帰り道、買い物、着替えや靴を履くこと…。
全てに、予想を大きく上回る時間がかかります。

かと思えば、

思わぬ遊びに集中し始めたり、突然、お昼寝を始めたり…。
急にママがフリーとなる「細切れ時間」が発生するのです。

いつも時間がない、時間がない、と思っているはずなのに、
突然の「細切れ時間」が手に入ると、上手に使うのは意外と難しいものです。

何しよう、何しよう、たまにはゆっくりお茶でも飲もう…。
いや、夕飯の支度をしておこうかな、でも仕事を少しでも進めたい…。

なんてことを考えている間に、
遊んでいた子どもの集中力は切れ、お昼寝からは起きてきてしまいます。

貴重な時間だったのに、結局、何もできずに終わってしまった…
ということが多々ありました。

でも、リセッターリストのおかげで、そんな細切れの時間にこそ、
やるべき家事をリストで確認し、迷うことなく、家事を進められました。

その繰り返しのおかげで、納得できる状態を保てるようになり、
「あれもやってない」「これもやってない」
という家事ストレスから解放され、本当にラクになりました。

小さな娘と二人きりでの暮らしは、
リセッターリストがなかったらもっと大変だっただろうな、
と、今振り返っても思います。

そして現在、娘はもう小学3年生になり、
一緒にリセッターリストを見ながら家事を手伝えるほど大きくなりました。

「ワンオペ育児」は本当に過酷で根本からの解決が求められますが、
まずは今できることから、家事の内容をラクにすることからも、
改善していける部分はあるのかな、と感じます。

家事のヒントで毎日の暮らしをラクに♩
リセッターリストの無料メルマガ 
▼ ご登録はこちらから ▼
https://form.os7.biz/f/1d8a7fc4/

関連記事

  1. 家事にコントロールされる自分と、家事をコントロールする自分。

  2. 在宅ワーママの家事と仕事と育児。一日のスケジュールを公開!

  3. 忙し過ぎて家事まで手が回らない…そんな時は

  4. 自分だけの「これだけは」の家事

  5. ランニングから学んだ、家事にも使える習慣化のコツ

  6. ZOOMでメルマガ読者さんと繋がって分かったこと

最近の記事 おすすめ記事