家族間でシェアしておくと便利!共有しておきたい9つの予定。

◆「リセッターリスト」を学ぶ 1Day レッスンと60日プログラム
毎日の家事を仕組み化して、家事をコントロールできる自分になる!
現在募集中の「リセッターリスト講座」一覧は、こちらから。

◆ 家事のヒントを週2でお届けする「無料メルマガ」
家事ストレス解消や習慣化のヒント、読者さん限定お得な情報も満載!
無料メールマガジンへのご登録は、こちらから。

こんにちは。
リセッターリストの山本香織です。(詳しいプロフィールはこちら →

昨日は娘が学校から年間行事予定表を持ち帰ってきました。
これがないと年間スケジュールが立てられないから、待ち遠しかったのです。

この年間スケジュールを手に入れたら、まず私がすることは、
家族でシェアしてるAppleのカレンダーの「Family」カテゴリーに入力する作業です。

地味な仕事ですが、これって家事に入るのでしょうか?
ひとまず年度末まで入力を終え、大仕事をやり遂げた感があります。

今日は家族間でシェアしておくと便利な9つの予定について、お話ししたいと思います。

1)子どもの学校年間行事

子どもが年度初めに学校や保育園から持ち帰る年間行事予定表には、
参観日や運動会、音楽会、長期休暇などの予定がギッシリ詰まっています。

ですが、別学年の予定も一緒に書かれているので、関係のない予定もいっぱい。
私はまず、娘に関係する行事にだけ蛍光マーカーを引いて、それから入力しています。

お弁当が必要な日、給食がない日、なども一緒に入力します。運動会の予備日なども念のため。

昨年は学年会長、PTA委員会の委員長を兼任していたので、
通常の年間行事だけではなく、役員関連の予定も家族でシェアしていました。

小学2年生の頃は「うさぎ当番」という仕事が週末にあり、
家族で付き添いが必要なので、その日程もシェアしていました。

2)町内会行事

こちらは住んでる地域によって、活動内容に差が出てくると思いますが、
私の暮らすエリアでは、大人も子どもも参加する行事が様々にあります。

町内会行事は、普段はあまり接する機会のない地域の方々との交流の時間にもなるので、
移住してきた身としては、可能な範囲で関わりを大事にしたいと思っています。

特に今年は、町内会こども会の役員なので、予定管理は必須です。

3)子守対応が必要な仕事の予定

例えば、夜のラジオ収録、打合せ、週末の講座、セミナーなど、
子どもが学校にいない時間帯に、親のどちらかが仕事で外出する必要がある場合です。

事前に、どちらかが家にいられるかを確認してから、予定を入れるようにしています。
家にいられないから、子どものことをよろしくね、という意味も込めて。

4)子守対応が必要な遊びの予定

子どもが学校にいない時間帯に、親のどちらかが友達と大人だけで出かける遊びのことです。
例えば、夫が友人とスキーに出かけるとか、私が友達と食事に出かけるとか。

回数は本当に少ないけれど、ごくたまにあるので、相手に確認してから予定を組みます。
こちらも上記同様、家にいられないから、子どものことをよろしくね、という意味も込めて。

5)家族での遊びの予定

これは分かりやすくて、家族でキャンプに行くとか、映画に行くとか、イベントに参加するとか、
家族で出かける予定が決まれば入力しておきます。

6)旅や帰省の予定

長期休暇中に、旅や帰省の予定が決まったら、すぐに入力しておきます。
飛行機や電車のチケットが取れたら、出発時刻や到着時刻も一緒に入れておくと便利です。

7)通院予約日

子どもの通う病院の予約が取れた時や、夫や私の健康診断なども入力しています。
特に子どもの通院予約日は、誰が付き添いをするのかも決める必要があるので書き込みます。

8)美容院予約日

週末に予約をすることが多いので、家族で予定をシェアしておきます。

9)家族の誕生日

夫や子どもはもちろんのこと、実家や義実家の両親、甥や姪なども含めて入力しています。
デジタルで管理されている方は、「繰り返し」設定にしておくと便利です。

プレゼントを贈る時もあれば、簡単なメッセージだけの時もありますが、
一言、お祝いの言葉を伝えられるのがいいなと感じています。

まとめ

以上、我が家が家族でシェアしている9つの予定をご紹介しました。

基本的には、

・こんな予定があるから、可能なら参加してね
・こんな予定があるから、子どものこと、よろしくね
・こんな予定があるから、忘れないでね

というメッセージを、お互いに伝えているようなイメージです。
私が入力することもあれば、夫が入力することも、娘が入力することもあります。

一緒に行動したり、別々に行動したり、家族がチームとしてスムーズに動くために
欠かせない大事なツールなのかな、と思っています。

私は少し前までアナログ手帳派だったのですが、昨年から完全にデジタルへ切り替えました。
変わりやすい予定を管理するのに便利なのと、
何と言っても、家族でシェアしやすいことが決め手になりました。

一日のタイムスケジュールは、逆にアナログ派で、紙に書き出して仕事を始めています。
その話はまた別の機会にしたいと思います。

家族間でシェアするスケジュール管理の参考になれば、嬉しいです。

◆「リセッターリスト」を学ぶ 1Day レッスンと60日プログラム
毎日の家事を仕組み化して、家事をコントロールできる自分になる!
現在募集中の「リセッターリスト講座」一覧は、こちらから。

◆ 家事のヒントを週2でお届けする「無料メルマガ」
家事ストレス解消や習慣化のヒント、読者さん限定お得な情報も満載!
無料メールマガジンへのご登録は、こちらから。

 

関連記事

  1. 「家事の定休日」プロジェクト

  2. 暮らしの満足度を上げるには、まずは「自分時間」の確保から。

  3. 家事の頑張り過ぎにご注意! 少ない家事でも回る5つのコツ。

  4. 整理されて棚に収まっていても、本当は要らないモノもたくさんある。

  5. ZOOMでメルマガ読者さんと繋がって分かったこと

  6. ネットスーパーにはない、リアル店舗ならではの良いところ。

最近の記事 おすすめ記事