『部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術』

こんにちは。
リセッターリストの山本香織です。

先日、私の大好きなイラストレーター、松尾たいこさんの
『暮らしのもやもや整理術』を読みました。

松尾たいこさん オフィシャルサイト
https://www.taikomatsuo.com

作品を見れば、ピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回の本は、イラストに関するものではなく、暮らしにまつわる工夫を集めた一冊。

家事についても書かれていますが、暮らし全般についてのヒントが詰まっていて
参考になることがとても多かったので、ご紹介したいと思います。

「モノ・コト・ヒト」に分けて暮らしを見直す

この本では、暮らしの「もやもや」をこの3つにカテゴライズし、
それぞれの解決方法を提案しています。

モノ:お片付け
コト:家事
ヒト:人間関係

チャプター1にある「もやもや」チェックリストを私もやってみたところ、
当てはまったのは「もやもや解消は今でしょう!」という判定。
モノ・コト・ヒトにそれぞれ3〜4個ずつ当てはまりました。

当てはまった項目を書き出し、それぞれの「もやもや」を解消できるよう、
私も意識して過ごしてみているところです。

相手に任せたことには口を出さない。文句を言わない。

チャプター3「家事の最適化」は、
「家事全般が苦手」とおっしゃる松尾たいこさんの工夫が紹介されていて、
同じく、家事が得意ではない私にとって、特に参考になりました。

「相手に任せたことには口を出さない。文句を言わない。」

ということも、家事シェアのコツとして紹介されていましたが、
これはパートナーとのシェアに限らず、
子どもに家事を教える時にも言えることだと感じます。

私が子どもに家事を任せる時も、ついつい自分のやり方を教えたくなりますが、
失敗したり、時間がかかることも、本人には大事な勉強。

いろいろ試してうまくいかない時に、少しだけヒントを伝えたり、
アドバイスが必要なら言ってね、と伝えたりするように心がけます。

相手が子どもでも大人でも、「責任と共に任せる」という態度は
家事に限らず、どんな仕事でも大切なことだと感じます。

家事シェアを進めたいと考えている場合は、
「相手を信じて、相手のやり方で任せる」ことを大事にして
取り組むのがいいかもしれませんね。

シーツ交換などの家事の予定は手帳に記入

松尾たいこさんも、家事に頻度を振り分け、
ご自身の手帳に実行日を書き込まれていると知りました。

前回どのタイミングでその家事をしたのかすぐわかることを
メリットとして挙げられていました。

・家事の管理は手書き
・家事に頻度を設定する

という、リセッターリストとの共通項を発見し、つい、嬉しくなってしまいました。

常に ”自分最適化” を行う

この本の中で、度々登場する表現として、
「常に ”自分最適化” を行う」というものがありました。

「より心地よくいられる状態」を求める視点を、常に持っておくことは、
リセッターリストの修正を重ねる時にもとても大切なことです。

私もリセッターリストを使い続けて5年以上が経過していますが、
娘の成長に合わせながら、自分の働き方の変化に合わせながら、
家事の仕組みを常にアップデートし続けることで、
「今」の自分に合う暮らしの土台を保ち続けています。

暮らし全体において、「自分最適化」を意識し続けることは、大事にしたいですね。

まとめ

家事に限らず、暮らし全般、生き方のヒントがたくさん詰まった
松尾たいこさんならではの世界観が楽しめる一冊です。

気になった方は、家事の合間に是非、読んでみてくださいね。

暮らしの「もやもや」整理術(松尾たいこさん)
▼ いつもの献立がごちそうになる! 新・家めしスタイル(佐々木俊尚さん)

松尾たいこさんのご主人、佐々木俊尚さんのお料理本も
我が家のレシピ棚に並んでいます。こちらもオススメですよ!

家事のヒントで毎日の暮らしをラクに♩
リセッターリストの無料メルマガ 
▼ ご登録はこちらから ▼
https://form.os7.biz/f/1d8a7fc4/

関連記事

  1. 忙し過ぎて家事まで手が回らない…そんな時は

  2. 『タリーと私の秘密の時間』

  3. 家事の管理はスマホよりも紙!紙をオススメする3つの理由。

  4. ネットスーパー利用を始めてから、暮らしに起きた3つの変化。

  5. 整理されて棚に収まっていても、本当は要らないモノもたくさんある。

  6. 食洗機…その後の意外な展開

最近の記事 おすすめ記事