T.N.さん(40代、専業主婦)

家事に対する漠然とした不安感を、劇的に減らしてくれました。

T.N.さん(40代、専業主婦)
受講講座:メール講座
家族構成:夫、ご本人、娘さん(4歳)、息子さん(0歳)

◆ 受講前の様子について、聞かせてください。

昨春、長女の幼稚園入園直前に長男を出産しました。
里帰りはせず、住んでいる川崎市の産後支援制度を利用して、
3ヶ月ほど、家事支援を1回2時間、週2日受けながら自宅での産後を過ごしてきました。

外部サービスを利用しなくなり、しばらくして生後半年頃から長男の夜泣きがひどくなり、
2時間、1時間おきに泣いて起きるようになりました。

常に寝不足の朦朧とした中で、流しに積み上がっていく食器や、いつ洗ったか分からないシーツ、
汚れていく洗面所、お風呂、お手洗いなどに強いストレスを感じるようになりました。

夜泣きさえなければ、と、まだ乳児の長男に強くあたりそうな自分が恐ろしくなることもありました。
なんとかして家事のストレスだけでも減らしたいと思い、年末に受講を決めました。

◆ メール講座は、いかがでしたか?

常に適度な距離感で、真摯に伴走して下さるのが伝わってきて、安心して受講させていただきました。

リストを作り始めたときに、山本さんが「日々の暮らしを楽しく、ラクにするためにリストを使うんだよね
とつぶやいたのが強く印象に残り、リストの一番上に入力しました。

毎回印刷するたびにそれを読み、リストはタスクリストではないんだと思い出せました。
タスクリストと思うと辛くなるたちなので、
山本さんのこの言葉のおかげで、リストを柔軟に捉えて使うことができたのだと思います。

◆ 受講後の変化について、教えてください。

長女の骨折や家族の病気などが重なり、
リストがほぼ納得する形になるまでに半年くらいかかってしまいましたが、
山本さんからのアンケートで「ストレスを感じる家事は何ですか?」と質問された時に、
[特になし]を選んだ自分が居て、自分自身が一番驚いています。

家事分担は受講前から夫と決めて分担しており、内容も量も受講前と今もほとんど変えていません。

従って、リストを使うことで、自分の担当している家事について
[終わっていない、できていない、追われている]という負の意識から、
[達成している、できている項目がある、できた自分がいる]という
前向きなエネルギーを持った意識に変わったためと考えています。

リストは冷蔵庫に貼っており、常に自分のそばにあって、目で見て確認できる[家事ログ]の存在です。

頭を空っぽにして作業することの気楽さと、達成した家事を覚えておかなくて済む気楽さは、
想像以上に寝不足の脳の疲れを減らしてくれました。

また、達成した項目を常に確認できることは、家事に対する漠然とした不安感を、劇的に減らしてくれました。

時間は自分で作るもの、という意識がやっと自覚できてきたので、
引き続き、家事の頻度やかける時間を意識して考えていくことを続けたいです。

◆ 受講を検討中の方へ、メッセージをお願いします。

リセッターリストの講座は、家事に漠然とした不安感を抱いている方、
乳幼児育児中の方に、特におススメしたいです。

60日間の受講を終えても、家事は日々続いきます。
一度でもリストを作ると、3ヶ月後、半年後と、リストとともに変わっていく自分の意識に気づけると思います。

「しあわせは じぶんがきめる」と言いますが、
自分がみている世界は、自分の意識が決めているものなんだなと、改めて実感しています。
ぜひ、それをご自分で感じてみてください!

T.N.さんの受講の様子を振り返って

二人目のお子さんの出産後、赤ちゃんの夜泣きで睡眠不足が続き、
せめて家事のストレスだけでも減らしたいと、メール講座の受講を決めたT.N.さん。
途中で娘さんが怪我をされるなどのアクシデントもありましたが、
メール講座だったので、マイペースで取り組むことができたのではないかと思います。
フォローメールの課題にもキチンと取り組まれ、質問を送ってくれたT.N.さん。
ひとつずつ、丁寧に自分が納得できるリストを目指して、修正を重ねられた印象です。
「[終わっていない、できていない、追われている]という負の意識から、
[達成している、できている項目がある、できた自分がいる]という
前向きなエネルギーを持った意識に変わった」
という言葉がとても心に残りました。
小さな赤ちゃんを育てるだけでも、本当に毎日大変なことの連続です。
そんな中で、家事のことを頭の中から外へ出しておけることの気楽さを実感されたと聞き、
私も本当に嬉しい気持ちで満たされました。
これからも「日々の暮らしを楽しく、ラクにするために」、
リセッターリストを活用してもらえたらと思います。

リセッターリスト代表
山本香織

最近の記事 おすすめ記事